滞留したメラニンが原因

基礎化粧品

必要な成分をご紹介

シミはメラニン色素が肌に滞留した結果できたものです。通常、紫外線などの刺激を受けた肌はメラニン色素を生成して抵抗しますが、やがて新陳代謝によって自然に体外に排出されていきます。ところが、刺激を受け続け、大量のメラニン色素が生成されたりストレスや加齢などによって新陳代謝のリズムが乱れて遅くなったりすると、スムーズに排出されずに肌に残ってしまい、シミとなるのです。刺激には紫外線や摩擦などのほか、活性酸素も含まれます。活性酸素とは文字通り活性化した酸素のことで、本来はウィルス駆除などに効果を発揮する大切な存在です。しかし、必要以上に存在すると、今度は健康な細胞まで傷つけてしまうようになります。そこで、シミを解消するために必要なのは、新陳代謝のリズムを整えてメラニン色素の排出を促すことと、美白成分によって新たなメラニン色素の生成をしづらくしたり還元して薄くしたりすることです。活性酸素の生成を抑えることも必要です。シミ解消のために化粧品を選ぶなら、保湿成分がたっぷり含まれたうえで美白成分や抗酸化作用の高い成分が高い割合で配合されているものを選びましょう。保湿成分はヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが基本です。美白成分の代表的なものとしては、トラネキサム酸やアルブチン、エラグ酸などが挙げられます。抗酸化成分にはアスタキサンチンやフラーレンなどがあります。なお、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスは美白作用だけでなく抗酸化作用もある、優れたアンチエイジング成分です。