ファンデーション

肌に負担をかけないコスメ

国産のミネラルファンデーションであるエトヴォスは、肌に負担をかけずに透明感のある肌に仕上げることができるため、世代を問わずに人気となっています。ルースタイプやクリームタイプ、プレストタイプが販売されており、肌質や仕上がりの好みによって選ぶと良いでしょう。

詳しく見る

メイク道具

納得して商品を購入

たくさんの種類があるコスメからお気に入りの商品を見つけるには、様々な意見を参考にする事が良いと思います。購入した人のプラスとマイナスの口コミを参考にする事で、購入前に多くの情報を得る事ができるのでおすすめです。

詳しく見る

女性

ハリのある肌を目指そう

ほうれい線対策として、塗るだけで女神になれるというアイテムを使用する方法、コンシーラーを使ってほうれい線を隠す方法、透明シールを使って肌を持ち上げる方法があります。どれも一時的な対策ではありますが、見た目の印象は変わってきますので、是非試されると良いでしょう。

詳しく見る

基礎化粧品

滞留したメラニンが原因

肌は刺激を受けると保護のためにメラニン色素を生成します。通常は新陳代謝によって排出されますが、大量に生成されたり新陳代謝のリズムが乱れたりするとうまく排出されずに滞留し、シミとなります。シミを消すには保湿して肌状態を整え、美白と抗酸化作用のある成分を補給することが大切です。

詳しく見る

女性

1回から数回の施術で効果

素肌に自信が持てるようになるのが、そばかすを消す光レーザー治療です。そばかすの原因であるメラニン色素に反応し、わずか1回の施術でも高い効果を発揮します。多くのクリニックが無料カウンセリングを行っており、医師に気軽に相談できます。

詳しく見る

クリニックで相談を

女性

スキンケアだけでは不十分

顔にぽつぽつと散らばる茶色いそばかすが気になる女性は多いでしょう。そばかすはシミと同じように思われがちですが、違う点があります。それは、そばかすは遺伝的要因が強いということです。両親のどちらかにそばかすが多い場合、子どももできやすくなります。そばかす体質を受け継いだ人が紫外線を浴びたり、何らかの原因でホルモンバランスが乱れたりすると、そばかすが濃く目立つようになります。遺伝的要因が強いために、日ごろのスキンケアだけではそばかすの予防や解消は難しいです。メイクなどで隠すこともできますが、美容皮膚科などのクリニックで治療を行えば、薄くすることは可能です。クリニックでの治療には、内服薬や外服薬を用いった薬物療法のほかにフォトフェイシャルや医療レーザーによる方法などもあります。内服薬では、メラニン色素の抑制や還元作用のあるビタミンCや色素沈着を抑えるトランサミンなどが処方されることが多いです。外用薬では、メラニン色素の生成を抑制し新陳代謝を促す働きもあるトレチノインやハイドロキノンの塗り薬が処方されることが多いでしょう。特に、ハイドロキノンは高い美白効果が期待できる塗り薬です。フォトフェイシャルや医療レーザーによる治療では、肌の奥に存在するコラーゲンを活性化させて、メラニン色素の排出を促します。なお、ハイドロキノンやレーザー治療は高い効果が期待できますが、副作用が出ることがありますので医師の指導のもと慎重に治療を行う必要があります。また、そばかすを濃くしないためには、ふだんの生活できちんと紫外線対策を行う、ビタミン類を多めにとるなど食生活に気をつけるといったことも大切です。